no-image

2013年の巨人 不安は先発投手陣?

来年のことを言うと、鬼が笑うと言いますが、
今年の巨人は、5冠を達成したこともあり、ストーブリーグは大人しいので、来季のことを考えました。

今季は、内海投手、杉内投手の両左腕を中心に、
澤村投手、ホールトン投手、宮國投手がローテーションを担いました。
来季はこの先発陣にドラ1の菅野投手が加わることが予想されます。
まさに盤石の先発陣に見えます。

しかし、それは全員が、怪我なく実力を発揮できた場合です。

そういう意味では今年は出来過ぎの感もあります。
来年はWBCもありますし、杉内投手は左肩に不安が残ります。
内海投手も大型の複数年契約を結んで、働かなくなったなんていうのはよく聞く話です。

宮國投手は実質2年目で、大きく成長するか、はたまた大コケするか、蓋を開けてみないと分かりません。
菅野投手も未知数。

個人的には澤村投手に期待しています。
直球だけでなく、緩急をつけたピッチングを身につければ、15勝は行けると思っています。
ぜひチェンジアップを覚えて欲しいです。

そして一番大きな不安は、バックアップの先発陣です。
故障者が出たときに、すぐにローテーションを回せる投手がいるのかということです。

ジャイアンツは東野投手、ゴンザレス投手、朝井投手をリリースしました。
先発のバックアップは、小山投手、笠原投手、小野投手、田原投手、江柄子投手、今村投手、松本投手ら若手でいこうということだと思います。
若い選手ですから、チャンスをモノにすれば一気に才能を開花させることもできると思いますが、
実績がないという不安もあります。

外国人投手一人と、ベテラン投手一人は補強しておきたいところです。
個人的には、日本ハムを戦力外になった木田投手を迎え入れてほしいです。

あとは配置転換でしょうか?
川口コーチが高木京介投手を先発になんて話もありましたが、
ようやく山口投手に続く左のリリーフが出てきたところ、来年もブルペンがいいのではないでしょうか?

ブルペンからの配置転換ならば、故障組の久保投手、越智投手などがいいと思います。
久保投手はトミー・ジョン手術明けなので、夏場くらいになると思いますが、
越智投手あたりはGWくらいには、一軍で投げられるのではないでしょうか?

二人とも連投もあるブルペンよりも、登板感覚を空けた先発というのもアリだと思います。
久保投手は先発経験もありますから、ある程度試合を作れるという計算もできます。
越智投手はかつてのようなパワーピッチングだけでは難しいと思うので、
先発も経験させて、ピッチングの幅を広げるというのがいいと思います。

あとは、毎年期待している、辻内投手。
来年こそ、1軍初登板を!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す