大田選手の2軍降格は残念

ジャイアンツが順調にマジックを減らしています。
9連戦の初戦を小山投手で勝利good.gif
この9連戦の最後の中日戦あたりで、胴上げが見られそうな勢いです。

しかも9月に入ってからは、投手では小山投手や明日先発の笠原投手、
野手では大田選手や中井選手ら若手を優勝争いの中で起用。
勝ちながら育てるという感じで、ファンとしては嬉しい限りです。

そんななか、小笠原選手が1軍昇格。
優勝までのラストスパートの中で、ベテラン小笠原選手が必要なのはわかります。
しかし、かわりに大田選手が2軍に降格というのが残念でなりません。

大田選手はホームランこそ出ていないものの、
コンスタントにヒットも打てています。
優勝の瞬間をベンチで体験させてあげたかった。

おそらく登録抹消中に巨人は優勝を決めてしまうでしょう。
大田選手はこの悔しさを胸に、来季飛躍してほしいものです。
(でも、背番号は返上したほうがいいかな)

その分、小笠原選手は結果を出さなければなりません。
今日は4打数ノーヒット。
2軍でも、ガンガン打ちまくっていたわけでもなく、
決して調子がいいから1軍に呼ばれたわけではありません。

おそらく、この9連戦が小笠原選手の今シーズンのラストチャンスになると思います。
そろそろ亀井選手が戻ってくる感じですし。

やっぱりもう一度活躍するガッツが見たいhappy02.gif

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました