日本シリーズ第4戦。神様がくれた1勝で巨人がタイに持ち込む。

1勝2敗で日本シリーズ第4戦を迎えたジャイアンツ。
試合前に訃報が届きました。

巨人軍第7代四番打者、第八代監督、川上哲治氏が逝去なされました。
現役時代は打撃の神様と呼ばれ、監督時代ではV9を達成した川上さん。
優勝を宿命づけられた巨人という球団、そして日本のプロ野球界の礎を築いた方です。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

両軍が喪章をつけて臨んだ一戦。
序盤は完全に楽天の流れでした。
3回裏にノーアウトで出た坂本選手が牽制で刺された時には、
シリーズの流れ自体を手放してしまったかにも思えました。

しかし、勝っている楽天の方から試合の流れを巨人に渡してくれたのです。
4回に先発のハウザーを降板させ、継投に移ってから流れが変わりました。

クリーンアップ3人でわずか1安打だったにも関わらず、
6得点で逆転勝利。
星になった打撃の神様が勝たせてくれたのかもしれません。

楽天には現人神の田中投手がいますが、巨人にも神様が憑いてくれました。
投のイーグルスと打のジャイアンツ。

星の上では五分となりました。
しかし、まだ打つべき人が打っていないジャイアンツに流れはありません。

幸いなことに明日の先発は則本投手ではなく辛島投手です。
巨人打線が勢いづくチャンスは十分です。

星野監督は仙台で決める。田中投手で日本一を決めるということにこだわっているのかもしれません。
明日、巨人が勝てば、後のない楽天は第6戦の先発を田中投手でくるでしょう。
明日、楽天が勝てば、第6戦の先発は則本投手、勝っていればリリーフに田中投手。

演出家としては素敵な演出かもしれません。
しかし、巨人は目先1勝を取りに行きます。

原監督のシナリオはこうです。
明日、内海投手で王手をかけて、第6戦で今シーズン負けていない田中投手に唯一の黒星をつけて優勝する。

それには何より阿部選手が打たなければなりません。

今日は4番でしたが、明日はどんなオーダーになるのでしょうか?
予想オーダーと希望オーダーを並べてみます。

日本シリーズ第5戦の巨人のオーダーはこれだ!

敬称略

予想オーダー打順希望オーダーセンター・長野1センター・松本哲セカンド・寺内2セカンド・寺内ショート・坂本3ライト・長野サード・村田4サード・村田キャッチャー・阿部5ショート・坂本レフト・矢野6キャッチャー・阿部ライト・亀井7レフト・谷ファースト・ロペス8ファースト・高橋由ピッチャー・内海9ピッチャー・内海

希望オーダーのポイントは調子の悪い阿部選手を下位に置くことと、
谷選手のスタメン起用です。

左の辛島投手ということで、矢野選手のスタメンが濃厚ですが、
代打での集中力を考えると、ここ一番で使いたいところです。
ここはベテランの力に頼りたいものです。

また、ファーストにあえて左の由伸選手を使います。
ロペス選手は配球を読んで打つタイプの選手ですが、
楽天の嶋捕手に完全に狂わされてしまいました。
このシリーズはちょっと使えそうにありません。

由伸選手もノーヒットですが、あえて左と対戦することで、好結果が生まれるような気がします。

そして、左の先発ですが、途中出場で2四球1安打、3得点の松本哲選手を1番に起用し、
今日は猛打賞で全打席出塁の長野選手をポイントゲッターにして、
1番から5番までで得点します。
6番以降は、楽な感じでのびのび打ってもらい、調子を戻してもらうのが狙いです。

明日は気持ち良く勝って、仙台に乗り込みたいものです。

 

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました