広島で小休止の巨人。菅野投手の新人王は黄色信号。坂本選手のスランプ脱出にすべきこと。

広島戦に2連敗してしまったジャイアンツ。
阪神がヤクルトに敗れたため、マジックは5になりました。

この試合、菅野投手と前田健太投手の投げ合いが予想されましたが、
前田投手を意識しすぎたのか、自分のピッチングができずに5回5失点。
最多勝争いでも今日勝った前田投手とヤクルト小川投手に2勝差をつけられ、
新人王も厳しくなってきました。

菅野投手は巨人でも勝ち頭の12勝ですが、
菅野投手個人として大事な試合をことごとく落としているような気がします。
小川投手や藤浪投手との新人直接対決や、今日の最多勝を争う対決など。

菅野投手には近い将来巨人の中心投手となってもらいたいので、
ここぞ! という試合を制することができる投手になってもらいたいものです。

さて、昨日に続き2番に入った坂本選手ですが、この日もノーヒット。
素人目に見ても、上体だけでスイングしているように見えます。

足に不安があることもあり、また、夏場の疲労も下半身に蓄積しているのでしょう。
坂本選手は阿部選手とともに代わりの聞かない選手です。
ここは思い切って休ませるという選択肢があってもいいのではないでしょうか?

連続出場という記録も大切ですが、これから迎えるCS、日本シリーズに向けて
コンディションを整えるというのも重要ではないでしょうか?

思い切って3試合分くらいベンチから外して、
ジャイアンツ球場でトレーニングしてみるというのはどうでしょうか?

坂本選手はここぞ! という場面で打てるバッターです。
あるいは、スタメンを外して、チャンスで代打というのもいいかもしれません。

いずれにしても、早く調子を戻してほしいものです。

それにしても、56号の日本新、57号のアジア新を叩きだしたバレンティン選手はすごい!

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました