祝☆小山投手初勝利! 8回表の原采配にみたモチベーションを上げるベンチワーク!

久々に東京ドームに戻ってのDeNAとの3連戦の初戦。
先発の小山投手が7回を無失点の好投happy01.gif
ここへきて、疲れの隠せない山口投手が8回に1点を失いましたが、
9回は西村投手がバックの好守もあり、3人でピシャリsign01.gif
見事、小山投手にプロ入り初勝利をプレゼントしました。

この日の小山投手はストレートが走っていましたup.gif
前々回の登板は5回を無失点でしたが、このときはフォークボールを多投し、
4回あたりからバテていましたが、今日はストレート中心の組み立て。

内外角に真っ直ぐを投げ分け、
時折、フォークにカーブを織り交ぜて小気味よいピッチングを披露してくれましたup.gif
7回、2アウトからピンチを招くも、続投でイニングをしっかり投げきりました。
もし、リリーフを仰いでいたら、初勝利はなかったかもしれません。
先発陣が苦しい中、本当に素晴らしいピッチングでした。

さて、今日の勝利は原監督の守りでの采配が上手くいった試合でした。
まず、7回の小山投手の続投。
これまで、4回2/3で交替させられたり、なかなかチャンスをもらえなかった小山投手でしたが、
「勝ちたかったら投げ切ってみろ」といわんばかりに、ベンチを動かない原監督。
これで小山投手は燃えたはずですup.gif

そして8回、山口投手が1点奪われ、2アウト2塁3塁でラミレス選手を迎えた場面です。
次は左の筒香選手。
確率からいっても、塁を埋めて満塁策を取るのが一般的な作戦です。
しかし、ここで原監督は自らマウンドに行き、
「バッテリーは迷っていたが、勝負したそうな顔をしていたので、背中を押した」とのこと。
追いつかれた時の責任は俺が持つから思い切って行けという、
原監督のメッセージはジャイアンツバッテリーに勇気を与えました。
結果は初球、インハイのストレートに差し込まれライトフライ。

今日の勝利はジャイアンツナインのモチベーションをさらに高め、
優勝という目標にむかってチームとしてさらにまとまっていくのではないでしょうか?

これと対照的だったのが中日です。
巨人の試合が先に終わったので、ヤクルト-中日戦を観戦していました。
3-3の8回表、2アウトから中日がランナーを出すと、
ピッチャーの代打で左の堂上剛選手。
するとヤクルトがサウスポーの日高投手に交替。
ここで、中日は代打の代打で山崎選手を送りました。

このとき、ベンチ前で堂上剛選手が天を見上げ、残念そうに後ろに下がりました。
作戦ですから、いいと思いますし、打席に立ちたかった悔しい堂上剛選手の気持ちもわかります。
でも、ああいう姿を見せるのはチームの士気に影響します。

そして、1点リードで迎えた9回裏。
マウンドは抑えの山井投手。
2アウト3塁で、4番のミレッジ選手を迎えると、
中日ベンチは敬遠を指示。
2アウト1塁3塁、左の川端選手のところで岩瀬投手にスイッチ。
結局川端選手にタイムリーを打たれ、中日はこの試合を引き分けにしてしまいました。

ペナントレースも佳境を迎えるなかで、このベンチワークの差は、
選手のモチベーション、そして勝利に向かうというチームの団結力に差が出るのではないかと思います。

このところ中日相手に分の悪い巨人ですが、
CSでも当たる可能性が高いので、チーム一丸となって中日に勝ってもらいたいものです。

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました