no-image

謎の監督采配

前半戦最後のゲーム、キャプテン慎之助選手のサヨナラで勝って締めることができました。
慎之助選手のヒーローインタビューでもあったように、本当は1-0で勝たなければいけない試合でした。
この試合は、ゴンザレス投手もチェン投手もキレがよく、すばらしい投手戦でした。
攻撃面では、長野選手、大村選手、藤村選手が四球を選んだり、ファウルで粘ったり、
点が取れないなかでも、チェン投手に球数を投げさせることが良かったです。

それにしても謎だったのは終盤での両監督の投手交代ですicon_rolleyes.gif
まず9回表の原監督。
2アウト2塁で森野選手を迎えたところで、ゴンザレス選手から山口投手にスイッチというのはわかるのですが、ワイルドピッチ、四球で2アウト1、3塁で和田選手。
ここは右の投手の東野投手か久保投手かなと思っていたのですが、山口投手続投。
結局同点に追いつかれて、久保投手にスイッチ。
交替がワンテンポ遅いのではないでしょうか?

そして10回裏の落合監督。
河原投手から先頭の坂本選手が2塁打で出塁すると、亀井選手のところで岩瀬投手を投入。
しかしなぜか敬遠。
歩かせるなら、河原投手で歩かせてから岩瀬投手に交替でもよかったのではないでしょうか。
結局、続く尚広選手が送って、続く長野選手も敬遠、そして1アウト満塁から慎之助選手がサヨナラ打を打つわけです。

ま、ジャイアンツが勝ったからいいんですけどね。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“謎の監督采配” への3件のフィードバック

  1. まさやん より:

    阿部がしくじってもラミレスがまっているのにね!

  2. まさやん より:

    阿部ちゃんに甘いスライダー・・っていうか、もう岩瀬は通用しないのでは?と思いました・

  3. かめ うさぎ より:

    岩瀬投手の衰えは、もうはっきりしていますね。
    長年チームに貢献している選手だけに、かなり気を遣っているかんじですが、
    今の力なら浅尾投手が9回に出てくる方がいやですね。

コメントを残す