no-image

第2捕手争い

ジャイアンツの不動の正捕手といえば、阿部慎之助選手ですが、
控えのキャッチャーも144シーズンを戦う上では重要なポジションです。

とくに巨人はベンチ入りの捕手を2人態勢で臨むことも多いので、
守備はもちろん、バッティングも大切な要因です。

昨シーズンまでは、鶴岡捕手が定着していましたが、
今年はちょっと違うかもしれませんsign03.gif
加藤捕手がいいんですup.gif
今日は試合に出ませんでしたが、一昨日のオリックス戦までのなかで、
課題だった打撃の好調ぶりをアピール。
全体的に打てていない巨人打線の中で、
今、当たっているのは、加藤捕手と矢野選手、あとラミレス選手くらいだと思います。
守備でも、売り出し中のオリックスの若手選手を刺すなど強肩ぶりをアピールしました。

鶴岡選手はちょっと精彩を欠いている状態shock.gif

キャッチャーというポジションは、何よりリードが重要なので、
そこの部分はペナントレースにならないと善し悪しは判断できないのですけど、
加藤選手は生え抜きの苦労人、チャンスを生かしてほしいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“第2捕手争い” への3件のフィードバック

  1. レミ より:

    カトケン初HRを生で見たのでなんか期待してます。
    寺内も練習してたみたいですけど、キャンプではしたのでしょうかね?

  2. かめ うさぎ より:

    レミさんは、加藤選手の生HRを目撃したんですか!
    それはレアですね。
    自分が見た生HRで一番レアなのは、
    斎藤雅樹投手の特大HRです。
    寺内選手は、キャンプにキャッチャーミットを持って来ています。
    キムタクコーチのときみたいに、あくまで、緊急時だけだと思いますが。

  3. ソナタ より:

    そうですか〜
    カトケンいいですか〜
    楽しみですね。

コメントを残す