巨人はベテラン選手をしっかりプロテクトしてほしい

ソフトバンクが帆足投手の人的補償として提出するプロテクト名簿のなかに、
松中選手らベテランを外すという報道がありました。
日刊スポーツより

私は、この報道には懐疑的です。
というのも、そもそもプロテクト名簿は非公開です。
人的補償で移籍しない選手であっても、プロテクト名簿から外されたというのは、自尊心を傷つけるものです。

ホークスにとって、松中選手はチームを支えた生え抜きです。
その選手を人的補償として持っていかれる危険のあるプロテクトから外すという愚行は、
さすがにやらないと思います。

「若手主体でプロテクトを作る」という言葉に騙されて、
巨人は間違っても小笠原選手をプロテクトから外してはいけません。
たしかに高年俸選手ですが、ソフトバンクの資金力ならば獲得します。

谷選手については年棒的にもお手頃ですし、
勝負強いバッターですから、ベンチには置いておきたい選手。
ひょっとすると。ソフトバンクは谷選手を狙っているのではないでしょうか?

ソフトバンクも横浜も、戦力を客観的にみると、
人的補強で投手を獲得するのではないかと思っています。
年棒も安く、若い選手を獲得して、「活躍すれば儲けもの」とするか、
ある程度年棒が高くても、「一軍である程度活躍できる選手」とするのか、
気になるところです。

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました