no-image

FAによる人的補償、巨人は誰をプロテクトするのか?

ジャイアンツはFAで村田選手と杉内選手を獲得しました。
一方で、鶴岡選手と大村選手がFA権を行使して移籍しました。

鶴岡選手は年棒でランキングされるCランクなので、人的補償は発生しませんが、
村田選手、杉内選手、大村選手の移籍には人的補償が発生します。

つまり、横浜、ソフトバンクに1人ずつ選手を放出しなければならず、
千葉ロッテから1人選手を獲得できることになります。
(移籍元球団が求めなければ、金銭のみの補償になります)

この人的補償については、新人選手、外国人選手以外が対象になり、
プロテクトされた選手以外から選ぶことができます。
プロテクトできる人数は28人です。

過去、巨人はベテランの工藤投手や江藤選手をプロテクトせず、
横浜、西武にもっていかれてしまったことがあります。
今回は、誰をプロテクトするのか?
プロテクト名簿は公表されないのですが、気になるところです。

[A]プロテクトが確実であろう選手(以下敬称略)
◆投手 9名
久保裕也、澤村拓一、東野峻、越智大祐、内海哲也、
宮國椋丞、西村健太朗、山口鉄也、田中太一
◆野手 13名
阿部慎之助、小笠原道大、坂本勇人、亀井義行、藤村大介
大田泰示、長野久義、谷佳知、鈴木尚広、高橋由伸、
松本哲也、矢野謙次、橋本到

[B]プロテクトから外れる可能性のあるボーダーラインの選手
◆投手 5名 
金刃憲人、朝井秀樹、小野淳平、笠原将生、辻内崇伸
◆野手 6名
実松一成、寺内崇幸、古城茂幸、中井大介、田中大二郎、隠善智也

過去、ベテラン選手をプロテクトから外した経緯から、
谷選手は外れる可能性がないとはいえません。

しかし、谷選手は今回、かなり減額して契約更改していますから、
プロテクトから外れていたら、かなり「お買い得」な選手となってしまいますから、
プロテクトすると思います。

おそらく[B]のなかから5人プロテクトがかけられると思います。
(FA獲得選手もプロテクトしなければならないようなので、
杉内投手より先に村田選手と先に契約していれば、ソフトバンクに提出する名簿には
村田選手をプロテクトしないといけないみたいです)

朝井投手、小野投手、笠原投手、辻内投手はウィンターリーグに派遣されたことから、
球団の期待値が高いことを示しているので、プロテクトされる可能性は高いと思います。
ただ、辻内投手は、派遣先での登板数の少なさや、怪我のリスクなどを考えると、外れる可能性もあります。

捕手に関しては、鶴岡選手を獲得した横浜が指名してくるとは考えられないので、
ひょっとしたら、阿部選手以外は外すかもしれません。
(以前、それで中日に小田捕手を獲られてしまったわけですが…)

中井選手、田中選手は球団も期待している若手なので、プロテクトしたいところです。
寺内選手は守備で、古城選手はスーパーサブで欠かせない戦力ですが、
ひょっとしたら、プロテクトをしないかもしれません。

おそらくですが、プロテクトがかけられず、ソフトバンクと横浜が狙ってきそうなのは、
藤井投手、野間口投手、小山投手、星野投手、
あたりではないかと思います。
隠善選手がプロテクトから外れれば、獲られてしまうかもしれません。

個人的には、育成の河野捕手をもっていかれるとつらいです。

一方で、ジャイアンツはロッテから1人獲得できます。
個人的には、育成の角晃多選手を獲得してほしいです。
もし、工藤選手を獲ったら笑っちゃいますね。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“FAによる人的補償、巨人は誰をプロテクトするのか?” への2件のフィードバック

  1. kon より:

    はじめまして。

    自分が考えたプロテクトです。
    ○阿部、澤村、内海、東野、西村、山口、久保、越智、宮国、田中太一
     小笠原、坂本、藤村、長野、高橋由伸、亀井、大田 ☆ここまでで17人、説明不要なメンバー。

    残る11人は・・・

    鬼屋敷(次世代の正捕手として期待、年齢も若い。鬼肩!)
    寺内(万能選手として僅差の試合で守備で貢献できる)
    鈴木尚(足のスペシャリスト、守備固めでも使える)
    橋本(肩、守備力、走力は1軍レベル)
    小野(制球力がまだまだだが、将来性に期待。)
    笠原(時より2軍で素晴らしいピッチングを見せており、変化球の精度が上がれば
      大化けしそうな予感)
    辻内(1軍での実績がないが、もう少し待ちたい。1軍で投げて、打ち込まれていれば
      あきらめがつくかもしれないが)
    古城(ベテランの域にかかってるが、とにかく勝負強い。守備も無難にこなす)
    小山(空振りの取れるフォークを持っている。後は体が大きくなって、力強いストレ  ートが投げることが出来れば十分戦力になる。)
    隠善(2軍で確実に成長しており、また、数字もしっかり残している。松本哲と比べ  たときに隠善選手が今は上だとうと考えました。年齢も同じという条件で。)
    田中大二郎(左の若い長距離砲として将来性を期待。確実性が上がれば、小笠原の
      引退した後を継げるのではないか。)

    以上、28名!!

    賛否両論あるかと思いますが、自分なりに現状、将来を考えたプロテクト枠です。
    また、自分は谷選手、矢野選手は外しました。横浜は去年FAで森本を取り、今年はラミレス、そして若手の外野人が出てきているのでベテランの選手はあえて取らないのではないかと思います。

  2. かめ うさぎ より:

    コメントありがとうございます。

    矢野選手は個人的に大好きなので、ぜひプロテクトしてほしいですね。ちょと契約でモメてますが…。中畑監督と合いそうなので、プロテクト外すと、横浜にもっていかれそうです。

コメントを残す