ジャイアンツ優勝セレモニー 原辰徳監督 スピーチ【全文字幕起こし】2019年9月27日東京ドーム

  

2019年9月27日 東京ドームでのレギュラーシーズン最終戦となった横浜DeNAベイスターズ戦終了後、5年ぶりのセントラルリーグ優勝を果たしたジャイアンツの優勝セレモニーが行われた。

原辰徳監督の優勝スピーチ

輝かしい令和の時代が幕を開けました。
そして、令和元年
読売ジャイアンツはペナントレースにおいて、優勝することができました。

ひとえにファンの皆さま 声援が我々の力になりました。
本当にありがとうございました。

と同時に、ファンの皆さま おめでとうございます。

個人的に、私も一番うれしい優勝でした。

選手諸君も 坂本キャプテン、菅野選手会長中心に懸命に戦いました。

やや、頼りないところもあります。
このチームはまだまだ途上のチームです。

しかし、ひとつだけ自慢ができることがあります。
結束力、団結力、そのことに関しては、
今までのジャイアンツ史上でも負けないくらい
最高のチームだと思います。

ひと山は越えました。
しかし、喜びは束の間 あとひと山、そしてあとふた山、

我々の目標は日本一です。

どうか、達成するよう皆さんと共に、
我々も全力で戦います。

本当に1年間ありがとうございました。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ