no-image

菅野投手がもうひとつ階段を上るためにすべき2つのこと。

9月22日に優勝を決めたジャイアンツ。
ここからは個人タイトルとCSに向けた調整になります。

主な個人タイトルでは西村投手のセーブ王くらいです。
今年はMVPもバレンティン選手にもっていかれそうですし。
今日の敗戦で菅野投手の最多勝もほぼなくなりました。

新人王レースでも小川投手に後れをとっている菅野投手。
菅野投手の今シーズンの投球内容を見てみると、ちょっと新人王は届かないかなといったところです。

菅野投手の登板内容と対戦した先発

日付 対戦相手 相手先発 勝負 イニング 打者 安打 三振 四球
9/28 横浜 井納 3 2/3 21 8 2 2
9/22 広島 久本 8 29 3 7 2
9/15 広島 前田 5 27 9 5 3
9/8 阪神 榎田 7 27 5 10 1
9/1 中日 山井 9 34 7 5 2
8/25 横浜 国吉 7 25 4 5 0
8/18 中日 山井 2 1/3 17 10 2 0
8/11 広島 中崎 7 28 7 5 1
8/4 阪神 藤浪 6 1/3 29 7 5 3
7/28 中日 山井 7 21 2 2 1
7/16 阪神 スタンリッジ 4 19 7 5 0
7/9 ヤクルト 八木 7 27 5 2 2
7/21 阪神 能見 5 2/3 29 7 3 4
6/25 広島 野村 6 31 11 7 2
6/15 ソフトバンク パディーヤ 9 35 7 11 1
6/8 楽天 永井 6 1/3 28 6 7 3
6/11 千葉ロッテ 成瀬 7 27 6 2 0
5/25 オリックス 金子 8 33 9 5 1
5/18 西武 9 34 6 12 2
5/11 横浜 藤井 6 29 11 6 1
5/4 広島 中崎 6 2/3 30 5 7 5
4/27 ヤクルト 小川 6 24 6 3 1
4/20 広島 中崎 6 24 1 5 3
4/13 ヤクルト 石川 8 29 3 10 1
4/6 中日 大野 8 30 6 7 0
3/30 広島 久本 7 27 5 9 1

菅野投手は、勝ち星の割には、ここぞ!といところで勝てていないという印象があったのですが、
データがそれを表しています。

上の表の青文字はルーキー同志の対決。
赤文字は相手チームのエース級との対決です。

4月13日のヤクルト石川投手との対決を除いて、そのすべてで勝てていないのです。

特に先に点をあげてはいけないエース級との対戦で、ほとんど先制点を奪われているのです。

相手を意識してしまい、自分の投球ができないといったところでしょうか。

もちろんまだ1年目。そこまで望むのは酷かもしれません。
しかし、もう一段階段を上がるためには、相手投手を意識するのではなく、
相手投手に意識させるピッチャーにならなければなりません。

ではどうすればよいのか?

私は2つの点を鍛えるべきだと思っています。

ひとつは守備。

菅野投手は打球反応があまりよくありません。
今日もブランコ選手のピッチャーゴロを脚に当てて、安打にしてしまい、そこから7失点です。
また、バント処理で転んでしまうということもありました。
ピッチャーゴロとセンター前ヒットでは天と地ほども差があります。
守備に関してはきっちり鍛えて欲しいものです。

もうひとつはメンタル面です。

今日の試合、4回に1アウト1,2塁から金城選手に死球を与えてしまいました。
この死球、金城選手が肘を出して、当たりに行った感がありますが、
よけながらも肘を出した金城選手が巧かったということです。

その後の鶴岡選手のサードゴロがゲッツー崩れとなり、先制点を奪われました。
このサードゴロ、村田選手が2塁への送球したのですが、ホームゲッツーが獲れなかったのだろうか?
と見ていて思いました。
ランナーがどのくらい進んでいたかはテレビではわかりませんが、
ブランコ選手だったので、アウトにできたのではないでしょうか?
そして菅野選手もそう思っていたのかもしれません。

金城選手、鶴岡選手との打席の結果をひきずったまま、井納投手にヒットを打たれ、
結果として大量失点してしまったのは、明らかに動揺していたからです。

元阪神の金本氏がかつて護摩行をしていたのを見習えとはいいませんが、
やはりメンタルトレーニングもすすめるべきだと思います。

球に力があって、制球力もある菅野投手。
とりたてて新しい球種を覚える必要もないですし、フォームを変える必要もないと思います。
しかし、守備とメンタル、この2つは鍛え上げなければなりません。

菅野投手には来年以降も毎年2ケタ勝ってもらわなければいけない投手。
さらなる成長を期待しています。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す