no-image

来季に向けて…

澤村投手が完投勝ちで、ジャイアンツが3連勝sign03.gif
ひとまず今日のドラゴンズの胴上げは阻止しました。

しかし、2位を狙うとなると、ヤクルトには負けてもらわなければならないので、
そうすると、巨人が勝っても明日か明後日には中日の優勝が決まらなければならないという複雑な状況です…。
しかし、目の前で胴上げされて、その悔しさを来季にぶつけるというのもありかもしれません。

来季に向けてといえば、中日の落合監督の采配がそういったことを意識している気がします。
落合監督自身は来季はドラゴンズのユニフォームを脱ぐわけですが、
今日の大野投手の先発起用といい、浅尾投手などを休ませる采配といい、
来季以降にも気を配った采配を感じます。
それだけに、来年、高木監督はそうとうなプレッシャーになりそうです。

個人的な意見ですが、巨人ファンの私にとって堀内前監督の2年間は暗黒の時代でした。
阪神ファンにとっては真弓監督の今がそんな感じなのかなぁと思っています。
まぁ、真弓監督はCS進出を逃せばユニフォームを脱ぐらしいですけど…。
中日ファンにとって、来年からそんな時期が来るような気もします。
あくまで、私見ですけどsweat01.gif

さてさて、ちょっと早いですが、来季に向けて巨人は補強をしなければなりません。
まず、ドラフト補強
ここでは東海大学の菅野投手を獲得してほしいところです。
彼を獲得できれば、外国人投手に頼っていた去年、
そしてローテーションの柱が2本しかない今年に比べてずっと強力な先発陣となります。

そして外国人野手の補強
投手は、ロメロ投手やアルバラデホ投手は来季も中継ぎで使えると思います。
野手は内野手を1人獲得したいところです。
とはいっても、新規で獲得してきても、巨人の外国人獲得は12球団で一番へたくそなので、
日本で実績のある選手を獲得したほうがいいと思います。
穴はあるのですが、スレッジ選手はいいと思います。
来季は横浜とは契約しそうもないので、一塁も守れるので、
小笠原選手のサブとして獲得してもいいと思います。
本当は日本ハムのスケールズ選手を強奪できるといいんですけどsweat01.gif

若手選手の底上げ
秋季キャンプ(日本シリーズまで行くと、冬季キャンプかな)でビシビシ鍛えてほしいです。
とくに大田選手、中井選手、田中選手。
このうち1人くらいは1軍に定着してくれるかなと思いましたが、伸び悩んだ1年だったのではないでしょうか。
オリックスT-岡田選手、日本ハム中田選手、横浜筒香選手、中日平田選手と
他球団では若い大砲が育ちつつあります。
巨人もそこは強化しなければなりません。
そして藤村選手のさらなるレベルアップと松本選手の再生も重要課題だと思います。

トレードなど
正直、ジャイアンツは外野手が飽和状態にあります。
2軍にいる隠善選手や加治前選手あたりは、他球団なら1軍で活躍できると思います。
また、今季加入した紺田選手あたりを出してもいいかもしれません。
左の中継ぎなどを補強したいところです。
現在、1軍では山口投手が左のセットアッパーとして活躍しています。
今季は高木投手もがんばってくれていますが、1軍では左の中継ぎが2人という状況です。
2軍では金刃投手、星野投手、須永投手などがいますが、
彼らの成長を促す意味でも、左投手は補強したいです。
日本ハムの林投手、返してもらえないですかね…。
あと、メジャーでは契約してもらえそうもない岡島投手あたりも狙い目です。

CSはがんばってほしいですけど、やっぱりリーグ優勝が一番価値があると個人的には思っているので、
来季の話をしてみました。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す