打線の通信簿

どうにも点がとれないジャイアンツ打線despair.gif
低反発球、主力のリタイアなどはありますが、打てないとやっぱりストレスがたまりますね。

というわけで、勝手に現時点の巨人打線の通信簿をつけてみたいと思います。
評価項目は5つで5段階評価。
走塁や盗塁は考えず、打つ、出塁するを主眼として独断と偏見で付けてみます(敬称略)。

2011年5月現在
名前ヒットを打つことができる長打を打つことができる四球を選ぶことができる進塁打を打つことができる打席で粘ることができる総合評点
1番紺田4113211
2番藤村1115311
3番坂本4423215
4番ラミレス4432215
5番阿部4442317
6番長野4423114
7番田中122319
8番円谷111339
代打矢野3233314

勝負強さなんかも加味すると変わってくるとは思うのですが、こんなところではないでしょうか?
ちなみに昨年の打線を評価するとこんなかんじです。

2010年
名前ヒットを打つことができる長打を打つことができる四球を選ぶことができる進塁打を打つことができる打席で粘ることができる総合評点
1番坂本4542217
2番松本3124313
3番小笠原5552219
4番ラミレス5532217
5番阿部5552320
6番長野4423215
7番高橋由3443317
8番脇谷3232212
スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました