巨人の来季の補強について考えてみる(野手編)

昨日に引き続き、巨人の来季に向けての補強について考えます。
ラミレス選手の退団により、4番打者がいなくなったジャイアンツ。
今年のペナントレース終盤は阿部選手が4番兼主将兼キャッチャーという重責をしっかり果たしてくれました。
今の巨人打線を見ると、やはり来季も阿部選手に頼るしかない感じです。

FA補強で、巨人は右の強打者が欲しいようですが、新井選手、栗原選手は結局残留になり、やはり村田選手を獲得かという流れです。

村田選手は正直、ピークは過ぎているのかなという感じがします。
率はあまり期待できる選手ではないので、今年の成績より上積みできるかは疑問です。
広澤選手くらいの成績になるような気がします。
江藤選手くらい打ってくれれば万々歳なのですけど。

いるか、いらないかと言われたら、もちろん欲しいです。
村田選手なら5番を任せられるのではないでしょうか。
3番長野選手、4番阿部選手、5番村田選手、6番小笠原選手という中軸が形成できます。
今後の動向に注目したいですね。

しかし、それよりも補強しておきたいのはセカンドではないでしょうか。
今年は藤村選手が出てきて、盗塁王も獲得しました。
守備、走塁はレギュラークラスですが、いかんせん打撃がgawk.gif
せめて、打率.250、出塁率.300はほしいです。

寺内選手はさらに打てないですし、古城選手もレギュラーとしては物足りない。
脇谷選手は育成落ち…。
個人的には中井選手にがんばってほしいのですが、セカンドは本職ではないので、やっぱり守備が…。

結果として、藤村選手が成長してレギュラーとして不動の地位を確立してくれればいいのですが、
やはり成長を促す意味でも、刺激となるライバルというか、超えるべき壁の存在が欲しいです。
外国人選手だと、使わなきゃいけない的な感じで、結果がでないことが巨人は多いので、
やはり日本人のベテランあたりを補強できないものでしょうか?

icon_rolleyes.gif
icon_rolleyes.gif
icon_rolleyes.gif

セカンドは、12球団を見渡しても、控えは不足している感じですね。

ロッテの青野選手あたりはパンチがあって面白そうですね。
育成の角晃多選手もいい選手です。支配下登録しないなら、巨人に欲しいです。

あ、ひとりいました!
スケールズ選手が11月17日に戦力外になってます。
終盤はバレた感のある選手ですが、パンチ力もありますし、守備もまずまず。
ほかのポジションも守れるので、獲得したら面白いと思います。

やっぱり藤村選手にびっくりするくらい成長してもらって、来年は3割打ってもらいましょう。

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました