no-image

周りがいうほど巨人は強くない

杉内投手やホールトン投手、村田選手など大型補強をして、
一部の報道では圧倒的に強いといわれているジャイアンツですが、
昨日、今日と東京ドームで行われた西武とのオープン戦で、
所詮去年は3位のチームなのだなと、あらためて思いましたbearing.gif

勝敗はともかく、2試合18イニング0得点。
オープン戦とはいえ、有料試合です。
ジャイアンツファンの球場での楽しみのひとつである「タオルまわし」を
一度もさせずに帰らせるというのは、非常に失礼な試合をしたといえますannoy.gif

攻撃内容も所詮3位のチームだなと感じました。
今日は、G+でTV観戦をしたのですが、
巨人戦のプレイボール前に
福岡でソフトバンクが先にオープン戦をしていたので、そちらを見ていました。

ホークスは、初回、本多選手がヒットで出ると、すぐに盗塁dash.gif
そして2番の明石選手が外野フライで、ランナーを進めて、
3番の内川選手のショートゴロであっさりと1点を取りましたicon_eek.gif

巨人は初回、長野選手が出塁。
2点負けていたので、松本選手にバントをさせないというのはわかります。
しかしその松本選手はレフトへのフライでランナーを進められず、
3番ボウカー選手のときにランナーを動かして盗塁死sad.gif

昨年日本一となったホークスとの差は歴然です。

それぞれの選手が自分の役割を理解できていない、
あるいは、理解はしているけれど、実践できない
というのが今の巨人の選手のレベルだと思います。

8回裏の攻撃もそうでした。
マウンドはマイケル投手。
先頭打者は坂本選手。
マイケル投手は、巨人時代と同様に、コントロールがばらついており、
粘っていれば四球が取れそうな感じでした。
フルカウントまでいきましたが、ファウルで粘ることもなく、サードゴロ。
2アウト後の代打の亀井選手も同じような内容でした。

去年から言っていることですが、
低反発球の影響で長打が少なくなっているわけですから、
ヒット、ホームランで2点というケースは少ないわけです。
かといって、連打が続くかといえば、それも難しく、
得点をするには、凡打でもランナーを進めたり、四球を絡めることが必要になってきます。

ベテランの小笠原選手や由伸選手は、この時期、
投手のボールをどうアジャストしていくかという、自分の調整でもいいと思いますが、
若手選手やレギュラー争いをしている選手はやはり、もっと状況を考えてもらわないとangry.gif

攻撃的にはまったく内容のない2連戦でした。

それにしても、西武の十亀投手はいいピッチャーですね。
中継でも江川さんが褒めていましたが、1年間ローテーションでまわれば、
10勝は固いと思いました。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す