no-image

今期初オープン戦

今日は、初めてのオープン戦です。
相手は広島カープ。
スタメンは以下のとおり(敬称略)
1番2B脇谷
2番SS坂本
3番1B小笠原
4番DHラミレス
5番C阿部
6番3Bライアル
7番LF高橋由
8番RF長野
9番CF紺田
先発朝井

宮崎キャンプの最終日ということもあるのでしょうが、
いきなり主力がずらりと並ぶメンバーsign03.gif

広島の先発は今村投手、面白い試合が期待できそうです。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“今期初オープン戦” への13件のフィードバック

  1. かめ うさぎ より:

    1回表
    梵選手の打った三遊間の打球を、ライアル選手が軽快に捌いて1アウト。
    続く松本選手をセカンドゴロ、嶋選手をピッチャーゴロと朝井投手は上々の立ち上がりです。
    1回ウラ
    脇谷選手3球目のストレートを打ってレフトフライ。
    坂本選手4球目の外角のスライダーを空振り、三振。
    小笠原選手2球目の内に入ってきたカーブを軽打してセンター前ヒット。
    ラミレス選手2球目、インハイのストレートをキャッチャフライで3アウト。
    広島2年目の今村投手は、ストレートは130km/h台中盤と、速くはないですが、
    スライダー、カーブの切れ、コントロールが良く見えます。

  2. かめ うさぎ より:

    2回表
    4番トレーシー選手をファーストゴロ、5番廣瀬選手をレフトフライ、6番岩本選手は三振振り逃げ、7番赤松選手のところで、1塁ランナーを牽制アウト。
    朝井投手は、テンポ良く、相手の芯を外して打たせて取るピッチングがいいです。

    2回ウラ
    5番阿部選手、5球目のボール気味のストレートをセカンドゴロ。
    6番ライアル選手、追い込まれてからインコースのストレートを見逃し三振。
    7番高橋選手、4球目の外角ストレートをうまく打って、三遊間を抜けるヒット。
    8番長野選手、2ボール2ストライクから、外に落ちるスライダーをハーフスイングで三振。
    ライアル選手は、まだ日本の配球(変化球のボール球からはいってくる)や
    ストライクゾーンに慣れていない感じがします。

  3. かめ うさぎ より:

    3回表
    7番赤松選手。インコースのストレートを引っ張って、レフトスタンドへのソロホームラン。そんなに甘いボールではなかったです。打たれた朝井投手もちょっとびっくりした表情でした。
    8番天谷選手はファーストゴロ。
    9番会澤選手はショートゴロ。
    1番梵選手フルカウントから落ちるボールを選ばれてフォアボール。
    2番松本選手、初球のスライダーを強いピッチャ返しも朝井投手が捌いてピッチャゴロ。
    ホームランは打たれましたが、朝井選手は悪くないピッチングだったと思います。

    3回ウラ
    9番紺田選手、2球目の外角の難しい球をセカンドゴロ。
    1番脇谷選手、3-1からインハイのストレートをたたいて、センターフライ。
    2番坂本選手、インローに構えたストレートが少し外に入ってきたのですが、バットを折られてサードゴロ。
    坂本選手は1打席目もバットを1本折られています。ボールが変わった影響でしょうか?今年は坂本選手はバットをよく折りますね。

  4. かめ うさぎ より:

    4回表
    マウンドは2番手金刃投手。
    3番嶋選手、フルカウントから真ん中に入ったストレートをライト前ヒット。
    4番トレーシー選手、3球目のカーブでパスボール。ランナー2塁に進みます。その後セカンドへの強いゴロ。1アウト3塁。
    5番廣瀬選手、ストレートを打たせてショートゴロ。2アウト3塁。
    6番岩本選手、初球のストレートを打たせてセカンドゴロ。

    解説の池谷さんから、金刃投手は力んでいるとのコメント。
    確かに、ちょっとコントロールがよくないですね。
    あと、ストレートが遅いです。カーブはなかなかよかったです。

    4回ウラ
    マウンドは2番手、ルーキーのサウスポー、中村恭平投手
    3番小笠原選手、フルカウントから直球を見極めてフォアボール。
    4番ラミレス選手、2-2からの外のストレートは非常に良かったんですが、ボールの判定、続くストレートをセンターフライ。ミスショットでしょうか。
    5番阿部選手、3球目のストレートをレフトフライ。
    6番ライアル選手、全部ストレート勝負、2-2からのストレートを逆らわずに打ち返しましたが、フェンス直前でキャッチするセンターライナー。赤松選手のファインプレー。
    去年なら入っていたんじゃないでしょうか?

    中村投手は、スピードガン表示よりストレートが速く見えます。
    クロスファイヤーで食い込んでくる球筋なので、苦戦しそうです。

  5. かめ うさぎ より:

    5回表
    7番赤松選手は、2打席連続かと思わせる大きなレフトフライ。
    8番天谷選手はファーストゴロ、9番会澤選手はショートゴロ。
    金刃投手は落ち着いたのか、この回はテンポよく3人で終わりました。
    ちなみにこの回からキャッチャーは鶴岡選手、ファーストは田中選手、サードに亀井選手が入りました。

    5回ウラ
    マウンドは3番手、右の武内投手
    7番高橋由選手、ストレートのフォアボール。代走藤村選手。
    8番長野選手、初球藤村選手が盗塁成功、ノーアウト2塁。
    1ボールからバントをセーフティ気味にしてファウル。
    3球目を右方向に叩きつけてファーストゴロ、進塁打になり1アウト3塁。
    9番紺田選手、1ボール2ストライクからファウルで粘って、7球目に死球。1アウト1塁3塁。
    1番脇谷選手、初球に外角高めのストレートを逃さず、レフトへの犠牲フライ。1-1の同点。2アウト1塁。
    2番坂本選手、2球目の外のストレートを打ち上げて、ライトファウルフライ。

    武内投手は初めて見るのですが、緊張からかコントロールがばらばらでした。
    ストレートは130km/h台後半、カット気味のボールとスライダーがあるみたいです。それにしても、藤村選手はいいですね。

  6. かめ うさぎ より:

    6回表
    藤村選手がセカンド、センターに矢野選手、レフトに谷選手が入りました。
    1番梵選手、ノースリーから、サードライン際のゴロを亀井選手が無難に捌き1アウト。
    2番松本選手、フルカウントから高めのスライダーをサードフライ。
    3番代打上村選手、3球目のスライダーを打ってセンターフライ。

    金刃投手は3回を無失点に抑えました。
    結果はよかったのですが、ボールが先行することがおおく、
    全体的にコントロールが悪かったです。次回への課題を残した感じです。

    6回ウラ
    ピッチャーは4番手、左のルーキー岩見投手。
    3番亀井選手、1-2からの4球目をファーストゴロ。
    4番代打大田選手、1-2からの高めに抜けたスライダーを空振り三振。
    5番田中選手、フルカウントからフォアボール。
    6番鶴岡選手、追い込まれてからファウルで粘りましたが、最後はチェンジアップでしょうか?落ちる球を空振り三振。

    岩見投手は、球の出所が見にくいですね。
    ストレートは130km/h台中盤、変化球はスライダーとチェンジアップでしょうか。
    ボールは全体的に高かったです。
    大田選手の三振は、内容的にもいただけません。

  7. かめ うさぎ より:

    7回表
    マウンドは3番手小野淳平投手。
    4番トレーシー選手、1-2から低めのカーブを上手く拾われてライト前ヒット。代走中東選手。
    5番松山選手、3-1からストレートが上ずってフォアボール、ノーアウト1,2塁。
    6番岩本選手、初球の高めのストレート、レフトとショートの間に落ちるポテンヒット、ノーアウト満塁。
    7番赤松選手、カーブが2球外れて2-0からのストレートをレフト前に運ばれるタイムリーヒット。得点は3-1、ノーアウト1,2塁。
    8番天谷選手、インハイのストレートを打たせてファーストゴロ、1アウト2,3塁。
    9番会澤選手、1-1から低めのカーブをレフトへの犠牲フライ。得点は4-1、ツーアウト2塁。
    1番小窪選手、2-2からのストレートをレフトフライ。

    小野投手も緊張でしょうか、ストレートは逆球が多く、全て高かったです。
    膝元付近へいった球は1球もありませんでした。
    カーブはよく落ちていましたがボール先行ではいけません。
    ストレートがストライクにならないので、低めのカーブも簡単に見極められてしまいます。紅白戦ではよかっただけに残念です。

  8. かめ うさぎ より:

    7回ウラ
    マウンドは5番手上野投手。
    7番藤村選手、2-2からファウルで粘ったもののショートゴロ。
    8番長野選手、1-2から外角低めいっぱいのストレートを見逃し三振。
    9番谷選手、0-2からの3球目甘めに入ったフォークを打ってサードゴロ。

    上野投手はスライダー、ストレートと外角へのコントロールがよかったです。
    谷選手へは甘い球が行きましたが、藤村選手へは丁寧に投げている感じがしました。
    長野選手に対しては、外、外と追い込んだスライダーと最後の直球、ヒットになる感じはしませんでした。

  9. かめ うさぎ より:

    8回表
    2番松本選手、セカンドゴロ。3番上村選手、セカンドフライ。4番中東選手、セカンドゴロ。
    この回は小野投手がテンポよく打たせて、3者凡退に抑えました。

    8回ウラ
    マウンドは6番手大島投手
    1番矢野選手、フルカウントからの6球目のスライダーを詰まらされてショートゴロ。
    2番坂本選手、ノースリーからの高めのストレートを打ってセンターフライ。
    3番亀井選手、3球目の外のストレートを引っ掛けてセカンドゴロ。

    大島投手はボール先行で、決していい内容ではなかったです。
    矢野、坂本両選手は結果的にはアウトになりましたが、
    その仮定は悪くないと思います。
    しかし、亀井選手は打つべきボールを打っていない感じがします。
    よくないですね。

  10. かめ うさぎ より:

    9回表
    5番松山選手からの打順、3人ともセカンドゴロ。

    小野投手は8回、9回をきっちり抑えました。
    池谷さんは低めのボールが動いていて面白いといっていました。
    ただ、自分はみていて、軸足に体重が乗っていないというか、
    置きに行っているピッチングに見えました。
    フィニッシュ時の体の位置がばらついているのが気になりました。
    次回に期待したいです。

    9回ウラ
    マウンドは青木高広投手
    4番大田選手、1-2からの変化球を見逃し三振。
    5番代打加治前選手、外のカーブを引っ掛けてサードゴロ。
    6番代打加藤選手、3-1から外のボールを左中間への2塁打。
    7番藤村選手、2-2から高めのスライダーを打ってセンターフライ。
    試合終了1-4。

  11. かめ うさぎ より:

    総評
    まだまだ調整段階ということもあり、投手陣、野手陣も個々に課題を残した試合だったのではないでしょうか。

    朝井投手はホームランは打たれましたが、順調に調整できている感じです。
    あとは、ストレートの球威と細かいコントロールの微調整ができれば、
    先発ローテーションが見えてくると思います。
    金刃投手、小野投手は決していい内容ではありませんでした。
    次回、しっかりとした投球を見せなければ、開幕1軍は難しいと思います。

    野手陣では3塁手争い。
    内容でみると、ライアル選手が1歩リードというところでしょうか。
    日本の配球とストライクゾーンをオープン戦のなかで覚えていけば、
    .280くらいの打率は残してくれそうな感じがします。

    亀井選手は、昨年の不調を引きずっている感じです。
    結果をほしがって焦ると、悪循環になってしまいそうなので、
    もう少しリラックスして打席に立ってほしいです。

    大田選手は、ちょっと悪すぎます。
    まず、バットにボールが当たりません。
    変化球もストレートも自分のスイングができていません。
    本当なら、もう、2軍に行ってもうらうべきなんでしょうが、
    もう少し長い目でみてあげたいというのもあるし、
    原監督も悩ましいところでしょうね。

  12. ソナタ より:

    コメント欄が11もあったので、荒らしにでもあったかと心配しちゃいました^^
    細かい内容をありがとうございます。

    オープン戦は調整具合をはかるものなので、悪いものは再調整できるので結果は二の次。
    亀井は今年も危ないですね。
    頑張って欲しいです。
    大田もあせらず再調整頑張って欲しいです。

    朝井は今年もなんとかやってくれそうですね。

    youtubeで越智の隣で投げていましたが、帽子を取って汗をぬぐったとき薄いんでちょっとびっくりしちゃいました^^

  13. かめ うさぎ より:

    実験的に一試合まるまるコメントしてみました。
    結構疲れますね。
    次回があるかは未定です(苦笑)。

コメントを残す